専業主婦でもカードローンが利用できる!

カードローンは、使い道を一切問わない自由な融資です。審査も複雑ではなく、ネットや電話で申し込みをし、30分から1時間程度で結果が分かるのも便利です。では、自分の収入のない専業主婦でも、このカードローンを利用することはできるのでしょうか?専業主婦の場合は、個人な稼ぎがないために、貸金業者の総量規制対象の金融業者では借り入れはできません。対象になっている金融業者とは、消費者金融や信販系です。しかし、対象外である銀行では、専業主婦であってもカードローンを利用することができます。これは、銀行系では配偶者の収入が考慮されるのが理由です。ですので、急な出費などがあった際には、まず銀行のローンについて調べてみるとよいでしょう。大口の場合には、それなりの審査や書類の提出を求められることになりますが、小口の融資であれば、本人確認と在籍確認のみとなります。さらに、配偶者にローンを組んでもよいかの同意なども求められないですし、限度額以内であれば収入証明書も必要ありません。つまり、完全に内緒で専業主婦がお金を借りることも可能だということです。にっちもさっちもいかなくなって闇金などに走る前に、普段から利用している銀行に問いあわせることをお勧めします。

専業主婦がカードローンを利用するときは審査甘い?

カードローンの通常の審査では、申込者の勤務先の規模や年収などを考慮しされることになります。また、申込書に記入された勤務先に本当に勤務しているのかを確認するために、どこの金融機関でも在籍確認がおこなわれます。しかし、仕事をしていない専業主婦は、会社勤めもしていませんし、収入もありません。通常なら申込者本人に安定した収入があることが条件となっていますが、専業主婦は配偶者に安定した収入があることが条件となっています。しかし、この条件があるにもかかわらず、配偶者の勤務先への在籍確認をおこなわないところがほとんどです。そのため、審査が甘いのではないかと思うかもしれませんが、申込者の信用情報の確認はしっかりとおこなわれ、審査甘いカードローンということはまずありません。ただ、この専業主婦は利用限度額が、30万円や50万円と少額融資となります。少額の利用しかできないという点で審査には通りやすいと考えられます。高額の融資となると金融機関も慎重な融資となりますが、少額の融資となると金融機関としても融資をしやすくなります。専業主婦が利用すると審査甘いカードローンになるというわけではありませんが、融資額や在籍確認などのケースを考慮すると、通常の審査と比べて専業主婦の方が利用しやすいと点はあります。

専業主婦でもカードローン契約によって即日融資が可能

毎日の生活の中で専業主婦はことあるごとにお金のやりくりを迫られます。夫の収入から生活費や食費、子供の教育費など様々な費用を捻出し、さらに自分自身のためのファッションやコスメのための出費も賄わなければなりません。そんな中でもしも専業主婦がお金の必要性を迫られた時には消費者金融のカードローンを使うと便利です。カードローンは一枚の個人カードを発行することで、お金の不足時に近くのATMに駆けつけるだけで融資金を引き出すことができるという金融サービスのこと。以前はサラリーマンをターゲットの中心としていたものの、最近ではバイトやパートなどで何らかの定期的な収入を得ている専業主婦であれば簡単に審査通過できるようになっています。まずはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などで手軽に必要事項を申し込んだ上で、先方の審査がつつがなく完了するのを待ちます。日中の昼間の時間帯なら最短30分ほどで審査結果が出ますので、それで通過したならすぐに新規カードを持って即日融資が可能となります。また審査通過の連絡と同時に各利用者にカードローンの融資限度額も伝えられます。この金額の範囲内であれば、ATMからいくらでも、何度でも借り入れを行うことができますので、今後は自分の裁量で借り入れと返済を繰り返していくことがかできるでしょう。

専業主婦でも借入審査に通りやすいカードローンの魅力とは

専業主婦だと日常の様々な局面でお金のやりくりを求められます。夫の収入をもとに家計を切り盛りしたり、子供の教育費や自分自身のためのコスメや衣料品、装飾品などの購入費も捻出しなければならないこともあるでしょう。もしもそんな時にお金が不足したなら、消費者金融のカードローンを活用するとスピーディーに借入することが可能です。このカードローンとは、一枚に個人カードを発行することで、お金の不足時にはこれを持って近場のATMに駆けつけるだけですぐに融資金を引き出すことができるというもの。融資限度額の範囲内であれば何度でも、いくらでも引き出すことができますし、最近では提携コンビニの店内ATMを活用することで深夜帯でも便利に借入することができます。こう言った金融サービスを活用することで今日中や明日に重要な支払い期限が差し迫った専業主婦でも、簡単かつ余裕を持って対処できるでしょう。かつてはサラリーマンを中心に展開していたカードローンですが、最近では消費傾向の多様化に従って専業主婦でも大変借りやすいサービスに変わってきています。全くの無職であり無収入であれば総量規制の観点によって審査通過は難しいものの、しかしパートやアルバイト、内職などで何らかの収入がある人であれば多くの場合に審査通過することができるはずです。こちらのサイトを参考にお金を借りるとベストだと感じます。
専業主婦カードローンラテ

専業主婦がカードローンを利用する場合の限度額

正社員でなくとも、派遣社員やアルバイトなどでも安定した収入があれば、お金を借り入れることはできますが、専業主婦のような収入のない人はお金を借り入れることは大変難しくなっています。まず、消費者金融のカードローンでは、単独での申し込みは無理です。配偶者の同意を得れば、総量規制に基づき、配偶者の収入の3分の1を限度額としたお金を借りることはできます。次に銀行ですが、こちらは総量規制の対象になってはいないとはいえ、基本的には専業主婦のような収入のない人にはお金は貸しません。しかし、いくつかの銀行、特にインターネット銀行では専業主婦でもカードローンの受け付けを行っています。この場合の上限額は銀行ごとに異なりますが、30万円か50万円のどちらかになっています。なぜこのような金額になっているかというと、カードローンの約定返済額が、30万円以下の場合は毎月5千円程度、50万円以下の場合は毎月1万円程度と、この程度ならば無理なく返済できる金額になるからです。もちろんこれはあくまでも限度額ですから、この範囲内での貸し出しとなります。また、配偶者の同意は不要ですが、配偶者に安定した収入があることが条件となります。

専業主婦と複数のカードローンの申し込み

たとえ専業主婦であったとしても、毎月、確かな定期収入があるのなら、カードローンやキャッシングの審査に通る可能性はあると考えられます。しかし正社員として働いているОLなどと比べると、どうしても専業主婦では間違いなく審査には不利になってしまいます。ですから借り入れが可能になったとしても、借りられる金額は低めになってしまうことは避けられないでしょう。それゆえに専業主婦がローン商品に申し込む時には、少しでも審査に通りやすくするために最善を尽くすべきだと言えます。たとえば複数のカードローンに同時に申し込み手続きをするようなことは、厳に慎むべきです。なぜなら、そんな申し込みをしたら、個人信用情報機関によって全てのローン会社に複数同時申し込みの事実を知られてしまうからです。そんな事実を知ったローン会社は、きっと「この専業主婦は余程お金に困っているのだろうか」と思うことでしょう。そして各会社から警戒の念を抱かれてしまい、結局、審査には不利になってしまうのです。ですからカードローンに申し込む際は、一度に一社だけ申し込むことが基本なのです。ローン商品の審査というものは、決して「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という具合にはいきません。気を付けましょう。

専業主婦がカードローンを利用するときの在籍確認

専業主婦が銀行カードローンを利用する場合は配偶者に安定した収入が必要となります。消費者金融では総量規制があるために通常の申し込みでは専業主婦は利用できないのですが、例外として認められている配偶者貸付制度を利用することでお金を借りることはできます。この総量規制の例外として認められている配偶者貸付では、配偶者の同意書や婚姻関係がわかる書類、配偶者の収入証明書が必要となります。申込者本人に収入がないことからも、このような書類が必要なのは常識的なこととも考えられます。しかし、銀行カードローンではこのような書類が必要なく、配偶者の勤務先への在籍確認もないといった銀行がほとんどです。この理由として、専業主婦として生活している時点で、配偶者にそれなりの収入があることが理由となっているようです。消費者金融では配偶者貸付を利用する場合には配偶者も審査対象となるのですが、銀行では申込者本人だけが審査されるため、どこの金融機関でもしている在籍確認なしで審査が進められます。ただ、カードローンの申し込みをした時には、携帯電話や自宅に本人確認の連絡はあります。このように、専業主婦が銀行を利用する場合には在籍確認もなく利用することが可能となっています。